1. ホーム
  2. クリニック案内
  3. クリニック・院長紹介

クリニック・院長紹介

新しい感動とドラマへの誘い-

形成外科の役割は、口唇裂などの先天異常、ヤケドや交通事故の傷あと、アザなどで悩んでいる患者さんの体を元通りにすることにあります。 一方で、医学的には明らかな異常がなくても、顔や体つきなど外観上のことで悩んでいる人も大勢おられます。
美容外科の役割は、形成外科の技術や考えをさらに発展させ、こうした悩みを解消し、自信をもって人生を生きていただく為のお手伝いをすることにあります。
私たちのクリニックでは、常に新しい技術やレーザーなどの治療機器を導入し、最先端の医療を皆様に提供できるよう日々研鑽に努めています。どうぞお気軽にご相談下さい。

クリニック紹介

私どものクリニックでは、人体の造形を科学する医療としてのトータルな形成・美容センターを目指しています。手術後の安全や心地よさ考え、バス・トイレ付 きの個室など入院設備も完備していますので、遠方の方もゆったりと治療を受けていただくことができます。

松股会 OZUMIクリニック
小住 和徳
所在地 北九州市小倉南区長行東2丁目14-11
電話番号 093-452-1117
FAX番号 093-452-1185
専門診療科目

形成外科/美容外科

眼瞼手術、鼻形成術、顔面輪郭形成術、各種シワ取り手術、乳房形成術、脂肪吸引・注入術、メディカルスキンケア、脱毛(レーザー脱毛、絶縁針脱毛)、植毛、腋臭症手術、口唇裂、瘢痕形成術、アザ、腫瘍など

診療時間 受付午前9:30~午後18:00まで
休診日 休診日:火・金
※土日祝日は通常診療しております。
駐車場 院内駐車場30台
予約制 まず、お電話でお問い合わせください。
入院設備 ホテル並の個室と二人部屋を備えております。
更正(育成)医療指定医院 形成外科の患者さんに適用される制度で、医療費の減免処置が行われます。
遠慮なくご相談下さい。
適正認定医院

OZUMIクリニックは(社)日本美容医療協会から認定された適正認定医院です。

クレジットの御利用 美容外科の診療には各種クレジットが御利用いただけます。ご相談ください。

院長プロフィール

昭和大学医学部大学院(形成外科)卒業
昭和大学形成外科、虎の門病院形成外科、 日赤医療センター
国立病院医療センター(現 国立国際医療研究センター)など勤務
聖マリア病院形成外科部長・ 唇裂口蓋裂センター所長
日本美容外科学会(JSAPS)常任理事、日本臨床形成美容外科医会副会長などを歴任
称号・資格

医学博士
日本形成外科学会専門医、日本美容外科学会専門医、(社)日本美容医療協会適正認定医
日本美容外科学会評議員、日本臨床形成美容外科医会理事、昭和大学兼任講師
朝日カルチャーセンター講師、国際美容外科学会正会員
美容レーザー適正認定医・日本医療脱毛学会正会員

所属学会

日本形成外科学会、日本美容外科学会(JSAPS)、国際美容外科学会(正会員)
日本口蓋裂学会、日本レーザー医学会、日本臨床形成美容外科医会、昭和医学会

『翔べ、あの空に』 -唇裂・口蓋裂治療の手引き書-
『ナースのための新形成外科学』(分担執筆 金原出版)
『美容外科手術プラクティス』(分担執筆 文光堂)
『美容外科 最近の進歩』(分担執筆 克誠堂出版)
『美容医療・美容外科の基本』(分担執筆 克誠堂出版)、他

ホームページ

OZUMIクリニック http://www.ozumi.jp/

OZUMIクリニック脱毛センター http://www.ozumi.net/

ページの先頭へ